消費文化の中では、多くのことをこなせることやできることが、質が高く幸せだと思いがち。

そのため、製品を提供する側はより多くの機能を盛り込み、世の中の多くの物が豪華で便利になっていきます。

その代表例が自動車や電化製品などの規格大量生産品です。

しかし、バンライフは、物財の多さイコール幸福度という考え方ではなく、本質的な満足度を求めるところにあります。

豊かさを求めるときに何を選ぶのか。選ぶということは、同時に不要なものを省くということでもあります。

必要最低限のモノをバンに詰め込み、大切な時間を自由に生きる。これほど豊かな生活は他に無いでしょう。

 

便利で豪華で魅力的なものはたくさんありますが、多くのモノに囲まれる生活から一歩距離を置いて、

セドナ・バンライフシリーズと共に豊かな時間を過ごしてみるのはいかがでしょう。

現代建築はどんどん物を増やしていく足し算の考え方ですが、和室に代表される日本建築は、余計なものを省き、室内から見える景色を最も楽しめるように工夫が施されていたと聞きます。バンライフの「心の豊かさを求める引き算」の考え方は、日本文化ととても多くの共通点を見つけることができます。

大切なモノと向き合える、小さくて豊かな空間。人と自然を繋ぎ、

本質的な豊かさが生まれる空間。

手がけるほどに、変化と愛着が増していく空間。新しいモノや、

多くのモノに追われるのではなく、

不便を楽しむことで、ほんの些細なことをありがたく感じることができる。

好き嫌いがあっていい。

セドナ・バンライフ シリーズはそんな感じの道具です。

最新機能や装備が充実。日常の当たり前を非日常に

そのまま持って行ける楽しさがあります。

普段使える当たり前な便利さはありません。

でも、自然体で楽しく過ごせる喜びがあります。

都市生活や豊かな物に囲まれた毎日から抜け出し、

バン一台に必要最低限の物を詰め込んで自由に生活するバンライフ。

求めるのは物質的な豊かさではなく、心の豊かさ。

そのスタイルに魅了された人は数多く、

欧米を中心に広がり今やバンライフは時代に沿ったムーブメントとなっています。

彼らのお洒落でファッショナブルなスタイルは憧れの対象となり、

バンライフという確固たるジャンルを築きあげました。

そんな魅力的なライフスタイルをイメージして生まれたのがセドナ・バンライフシリーズです。

不便を便利にするのではなく、あえて不便をそのまま楽しむという発想。

便利を追求するのではなく、ほどほどな便利さと最高の遊びゴコロ。

手間や工夫を楽しみ、感性が豊かに広がるライフスタイルのベース。

セドナ・バンライフシリーズは大切なものと向き合える空間です。

Copyright (C) Workvox All Rights Reserved.